家族葬のメリットとは

main-img

近年、葬儀を家族だけで行うことが多くなりました。
これは、亡くなった本人の意見を尊重して行うことが多く、なるべく大々的に葬儀を行わないで欲しい、家族だけに看取られたい、と考える方が増えているということです。こういった、遮光的・礼儀的な参列を拒否し、親族のみで行われる葬儀のことを、家族葬と言います。家族葬には様々なメリットがあり、沢山の方に選ばれているお葬式の形でもあります。



家族葬の一番のメリットと言えば、家族のみでゆったりとした時間を過ごすことが出来る、ということです。


沢山の方々をお呼びして、大々的に葬儀を行うと、一日中忙しく動き回らなくてはいけませんし、気付いたら式が終わっていたということも少なくありません。

もっとゆっくりと最期の時間を過ごしたい、という家族の要望により家族葬をあげる方が多く、こういった緩やかな時間の流れを感じることが出来るということが、大きなメリットとなるのです。

もう一つは、葬儀にかかる費用を大幅に削減出来る、ということです。

葬儀は意外とお金がかかります。
その為の積み立てもあるほど、大きな式をあげると出費も大きくなってしまいます。
そこで、亡くなる前に本人の希望で、家族葬を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

産経ニュースの情報が更新されています。

なるべく遺された家族に負担をかけずに、ひっそりと眠りにつきたいという考えを叶えることが出来るのも、メリットと言えるでしょう。

家族葬の情報を要約した情報サイトです。

家族間なら皆が気を遣わなくても良いのも、大きなメリットの一つです。

これからの社会

subpage1

家族葬と言うのは、家族などの近親者だけで行う葬儀であり、近親者以外の儀礼的、社交的弔問客の参列を極力排するお葬式の事をいいます。形式は、密葬と似ていますが、密葬は、のちに本葬をおこなうのに対して、家族葬は、これだけで完結したお葬式です。...

more

みんなの常識

subpage2

家族葬というと、遺族と親しい人だけによる葬儀で、費用を抑えることができるというイメージがあるかもしれませんが、葬儀が終わってからなくなったことを知った人たちが、週末のたびに自宅にきてしまい、遺族が対応で疲れてしまったり、親族から咎められる。参列者の数に応じて香典の金額も代わるため、結果的に葬儀費用が高くついてしまうなど、注意しないといけないことがあります。...

more

納得の事実

subpage3

現代の日本は非常に核家族化が進んでいます。また仕事の都合で転勤になり、地元を離れなければいけない人も非常に多くなっているのです。...

more

社会の補足説明

subpage4

現代は冠婚葬祭に関しての価値観が非常に変わってきています。それは必ずしも既成概念にとらわれた一般葬が良いと言うものでもないことを認識した人が多くなってきたのです。...

more